WORKS

篠ノ井瀬原田の邸宅4

設計:更級圭建築設計

  • 特徴

    白いハコが黒いハコに突き刺さるように融合する---この家のフォルムを説明するとしたら、そういう表現になるでしょうか。
    道路から(西側)から見たら「黒いハコの家」に見えますが、反対の東側みたら「白いハコの家」に見えるのです。
    このユニークさがたいへんに印象的な一邸です。

    外壁はガルバリウム鋼板と吹付仕上げを織り交ぜたもので提案いたしました。玄関周りにはウェスタンレッドシダーを。デッキとの共存をうまく演出しています。


    内部空間は、ワンルームでありながら上手に空間を仕切っている間取りになっており、家族の気配を感じつつも個空間も感じられる絶妙さを引き出しています。
    アメリカンスタイルなインテリア好きのご主人の好みもしっかりと反映できるお宅となっています。

  • 施工データ

    所在地
    長野市篠ノ井
    延床面積
    115.04m²(34.8坪)
    敷地面積
    233.06m²(70.5坪)
    外壁
    ガルバリウム鋼板、3*10サイディング吹付、一部羽目板貼り
    床材
    カラマツ、ボルドーパイン
    内装
    クロス仕上げ
    家族構成
    ご夫婦・お子様2人
PAGE TOP