WORKS

鶴賀七瀬の邸宅

設計:石塚琢也建築設計室

  • 特徴

    長野駅東口の区画整理地が建築ロケーションでした。周囲には中高層の建物が建ち並ぶエリアで、プライバシー確保の観点から、大胆に「2階リビング」案を提案しました。2階リビングなら陽もしっかり入り、バルコニーと隣接して広く感じることができます。さらに、勾配天井仕上げにすることで、タテ空間の広がりも演出しました。

    施主オーナーのご夫妻は多趣味な方。
    ご主人の保有レコードとDJ機器は、アマチュアとは思えないレベル。
    また奥さまは、食器類にたいへんにお詳しく、それらを見せることもできるし隠すこともできる、という収納棚を。
    ご夫妻そろって、アニメやサブカル系にも造詣が深く、1階にはそのための部屋も確保しています。

    どこを歩いても愉しい家。そんな言葉が似合う一邸です。

     

  • 施工データ

    所在地
    長野市鶴賀七瀬
    延床面積
    122.74m²(37.13坪)
    敷地面積
    150.68m²(45.58坪)
    床材
    ウォールナット
    内装
    AEP塗装仕上げ
    家族構成
    ご夫妻
PAGE TOP