家づくりのこと

アフターメンテナンス

オーナー様と住まいを生涯大切にいたします。

空間工房では、暮らし始めてからのアフターサービスを重視し、万全のサポート体制を敷いています。定期点検はもちろん、その履歴をデータとして残すことで、将来、リフォームなどが必要になった場合にも、適切なアドバイスや施工を行えるよう努めています。

アフターメンテナンス専門のスタッフが伺います

アフターサービス全力宣言
一級建築士・施工管理技士をアフターメンテナンス専属のスタッフとして配備しています。お引き渡し後、1ヶ月、6ヶ月、1年毎の定期点検はもちろん、2年目以降も年に1度のメンテナンス等にも、随時丁寧に対応しています。
点検内容
1ヶ月点検 お引き渡しから1ヶ月経過し、住み心地やお困りごとなどがないか伺います。
6ヶ月点検 室内建具、内装、クラック等の点検。
1年点検 建具調整、内装仕上げ補修等、お引き渡し後に出た狂いを補修します。
2年目以降 外装・内装ともに総点検します。以後年に1回訪問し点検します。
5年目点検 シロアリ点検、FRP防水点検、ボイラー等の点検を行います。

定期点検での主なメンテナンス

建具・ドア・引き戸

建具・ドア・引き戸

木は生きています。引き渡し後一年ぐらいは生活を始めると湿気などで木材が伸縮し、建て付けが狂う場合があります。定期点検の都度調整を行います。2年目以降はその狂いもなくなっていきます。

内装壁・クロス

内装壁・クロス

主要構造材の柱は無垢材を使用しています。無垢の柱も呼吸していて、収縮が起きます。その影響で、クロスやしっくい壁などの内装壁に歪みが出たり、隙間や亀裂が出る現象が起こることがあります。2年目以降は症状が減少していきます。専門スキルをもったスタッフが補修致します。

水まわり

水まわり

水廻り設備は、ほぼ毎日、365日使う設備。キッチンからの油や浴室からの排水ゴミ等が詰まり、水の流れが悪くなったりすることもまれに起こります。専門の水道工事スタッフが補修にあたります。

外装のチェック

外装のチェック

基礎、外壁等も定期点検にてチェック致します。もしクラック等あれば補修します。

ボイラー機器

ボイラー機器

給湯ボイラー、暖房ボイラー等の設備機器は、定期的にチェックしておく必要があります。不凍液補充などの案内を致します。

床下基礎・シロアリ点検

床下基礎・シロアリ点検

シロアリ対策保証期間は5年毎です。シロアリ専門業者とともに、5年毎床下点検を行います。

「理想を形にしてくれる住宅会社に出会えない」あなたに、伝えたいことがあります。ぜひお読みください。 > これから家づくりをはじめる方へ詳細はこちら
TOPへ戻る